*

GSXR400R(GK76A)カスタム~なんちゃってフレーム

パット見ですけど、僕のジスペケ400はノーマルよりもごついダブルクレードルフレームになっているように見えます。

今回はこのフレームがいったいどうなっているかの解説になります。

なんちゃってフレームの裏側

膝の部分が当たるカウル(キャブサイドカバー)を外すと、実はこんな感じになってます。

アルミ板のようなものをただ結束バンドでフレームに取り付けているだけです。
(今は黒のステッカーを貼っています)

なぜこんなことになっているかというと、実はタンク事態を若干持ち上げているから。
なんでタンクを持ち上げているかというと、コーナリング中に腕の内側がタンクにあたることで上半身のホールド感をよくしているからです。
こんな感じに。

で、持ち上がったタンクとフレームの間を隠す意味でアルミ板をつけているだけなんです。
それがノーマルに比べてごついフレームに見えなくもないといった感じですね。
(今は黒のステッカーを貼っています)

使用した材料はアルミ板といってもただのアルミではなく、ポリエチレン樹脂をアルミでサンドイッチしたアルミ複合版を使用。これのほうが加工に優れていますから。

※購入の際は寸法と色を確認してください。

ちなみに僕が使っているアルミ複合版のサイズは長さ32㎝、高さが最大で8.7㎝程度です。


タンクを外した内側はこんな感じ。


作りは超適当です^^

タンク前方の固定部分にスペーサをかましています。

下の画像で左の部品がノーマルで使用しているタンク固定部品で、右の部品は高さを増すためのスペーサ。
スペーサの高さは3.5㎝程度。
当然ボルトも長いものを使用しています。

タンク後方部の取付に関しては何もしていません。

注意点としては、タンクを持ち上げることによってガソリンコックレバーが干渉してしまうこと。
そのため、レバー上部を写真のように切断してフレームに当たらないようにしてます。

今は膝部分のカウル(キャブサイドカバー)が入手困難だと思いますが、GK76Aのオーナーさんはやってみると面白いかもです。

ということで簡単ですが、GSXR400R(GK76A)カスタム~なんちゃってフレームのお話でした。

ちなみに黒ステッカー貼る前の、なんちゃってフレームっぽい画像がこちら↓

最後まで御覧いただきありがとうございました^^

スポンサーリンク

関連記事

熱中症にご注意!【夏の酷暑】バイクツーリングでサプライズ発生!

気温39℃でバイクを走らせるにはそろそろ限界を感じているおっさんライダーです。 いや~今年

記事を読む

バイクに貼るステッカーの作り方

バイクに貼るステッカーの作り方です。 今回はアッパーカウルのフェアリング下の部分にステッカーを

記事を読む

バイクのカウルをワンオフ風にしてみた/盆栽バイク

今回はバイクのカウルをパット見でワンオフ風にする内容となっております。 実は私のバイク、ヘッド

記事を読む

【自家塗装実践編】バイクをモンスターエナジーカラーに塗装する(完結編)

今回は塗装し終わったカウルの取付です。 アッパーカウルに貼るモンスターエナジーのステッカーも大

記事を読む

【失敗】バイクのカウルを自作してワンオフ風にしてみた結果

前回、アッパーカウルに塩化ビニル板を取り付け見た目をイメチェンしてみたのですが、その状態で走行してい

記事を読む

【自家塗装実践編】バイクをモンスターエナジーカラーに塗装する(Vol.2)

今回はアッパーカウルとフロントフェンダーの加工及び塗装のお話です。 ノーマルのフロントビューで

記事を読む

車検非対応なGSXR400R(GK76A)ヘッドライト加工

今回はGSXR400R(GK76A)のヘッドライトの加工に関して書いてみます。 GSXR400

記事を読む

【バイク自家塗装】アッパーカウルを再塗装してフロントノーズのイメチェンを図る。

我がジスペケは当時のヨシムラカラーを忠実に再現してみた塗装でしたが、最近ちょっと飽きてきたのでアッパ

記事を読む

【車検非対応!】バイクにポジション付きシーケンシャル(流れる)ウィンカーを取付けてみた結果

最近、車のシーケンシャル(流れる)ウィンカーをよく見かけるようになって、なんとなく自分のバイクにも取

記事を読む

わずか25円で出来る!【バイクオートクルーズ自作】アクセルスロットルを固定して快適クルージング?の巻

バイクで長距離を走る際、握りっぱなしのスロットルワークにかなりの疲労感を感じていませんか? 特に高

記事を読む

Sponsored Link


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link


PAGE TOP ↑