*

スズキの伝統【R】の名をひき継ぐ次期目玉バイクはなんと125CC!(GSX-R125)

公開日: : SUZUKI車 ,

gsxr125

最近の節約志向もあってか、今はそれとなく250CC以下のバイクの登場が目立ってきている感じがします。
250CCにおいてはエンジンに単気筒又は2気筒を搭載した扱いやすく低燃費のバイクが主流ですが、今度は排気量を125CCまでに落とし、さらなる低コストでありながらスーパースポーツの醍醐味を味わえてしまう【GSX-R125】が登場するらしい。

ちょっと前に125CCまでのバイクは普通車の免許で乗れるように規制緩和されるとネットで話題になっていましたが、そんな背景もあってのことなのでしょうか?

ここにきてバイクメーカーも販売が振るわない国内市場で、新たな火付け役となるのが125CCクラスだと見込んでいるのかもしれません。

にしても、ジスぺケRシリーズが125CCまで広げられるとは・・・。

ジスペケフリークにはちょっと複雑。
やっぱスズキのRを受け継ぐんだったら、それなりの走りができないとねぇ。
市販のワンツーファイブでは走りのポテンシャル不足だと言わざるを得ない。

とはいえ、そんな頭の固い世代の意見よりも、広く大衆に受けるバイクの開発を進めていかないと、メーカーの存続にも関わりますから仕方のないことだとは思いますが。

それに、先入観のない若い世代には車検もなく、税金も安い125CCは受け入れやすいクラスでもあるのでしょう。

通産省によると、125CCのバイクの免許取得を簡単にできるよう規制緩和まで検討されているそうですからね。

そう思うと、これからますます小型排気量のバイクは人気を呈してくると思います。

それよりも、バイクの中型免許で乗れる400CCまでは、車検を無しにするような規制緩和をしてほしいものです。(←GSX-R400Rのオーナー談)

スポンサーリンク

関連記事

SUZUKI GSX-R250R(新型)モデルがそろそろ発売か?

今月号の雑誌「オートバイ」で新型GSX-R250Rのスクープ画像が取り上げられていました。

記事を読む

ついに出た!?2016年モデルGSXR1000(ミラノモーターサイクルショー)

今月17日から22日まで【EICMA国際モーターサイクルショー】がイタリアミラノで開催されています。

記事を読む

2016年モデル!?新型GSX-R1000Rと新型GSX-R250のCG画像

2016年モデル、新型GSX-R1000Rと新型GSX-R250がちょ~かっけー 先日、なにげに本

記事を読む

Sponsored Link


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link


PAGE TOP ↑